ホームページ制作 :: ソルファ。 | 徒然、怠惰な日々。 ::
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 月姫読本Plus Period@補足事項 | main | GUNSLINGER GIRL。 >>

スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

ソルファ。


ソルファ      (CCCD)
ソルファ (CCCD)

はい、発売からだいぶ経ってますが・・・。

内容は・・・うーん、微妙。

まぁ、確かにね。

「そろそろ、今までのイメージを覆さないと〜」

とか言いましたけどね。
なんつーか、こういうことじゃないのよと。

今回のアルバムは、インタビューでも彼らが明かしてましたが、全体的にポップ調に仕上がってます。
明るくてノリのいい曲がほとんど。
確かに、いい曲もあるんだけど・・・むぅ・・・。

個人的にはアレなんですよ。
アジカンには、「激しすぎない軽めのギターロック」をやっててほしかったわけですよ。
でも、今回ほどポップな方に持っていかれちゃうと、何かイマイチに感じてしまうんですよ。
1st、2ndに感じた勢いとか衝撃を全く感じずに、聞き流せてしまうというか・・・。

アジカンが、増え続けるギターロック勢の中で台頭できたのは、一般に受け入れやすいメロディ重視の激しすぎない程度のギターロックをやってたからでしょ。
あとはボーカルの上手くはないけど味のある歌い方とか声。
それをただのポップにしたら、旨味がなくなっちまうわけで。
うーん、挑戦は大事だとは思いますが・・・今回は失敗・・・?
でもまぁ、こういうのが好きな人もいるんでしょうから、一概にはそう言えないのかも。


最後に擁護っぽいですが、収録されているシングル曲は秀逸。
「リライト」「君の街まで」、特にこの二つ。

「リライト」はファーストのころのアジカンを彷彿とさせてくれます。
「君の街まで」は、まぁ、上で言っているようなポップ調の最たるものなんですが、単体として聴けば名曲。

アルバム曲は・・・、やっぱり綺麗にポップ調のものに纏めすぎかなぁ。


ってなわけで、今までと色の違うアルバムに仕上がった今回の「ソルファ」。
好きな人は好きなんでしょうが、個人的にはあまり響かなかったです。
今までのアジカンが好きな人は回避した方がいいかもしれません。
あぁ、でもシングル曲は中々秀逸ですけど。

これで次回作をどういう風に持ってくるかが気になるところだったりします。
どうなるどうする!?ASIAN KUNG-FU GENERATION。

ではでは。
nine * Musics * 23:45 * comments(0) * trackbacks(0)

スポンサーサイト


スポンサードリンク * - * 23:45 * - * -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ