ホームページ制作 :: 自分的にはやっぱり小柳ルミ子なんだけど、皆様はどうなんでしょう。 | 徒然、怠惰な日々。 ::
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 新しい恋人。 | main | うましかかもしかかものはしはしか? >>

スポンサーサイト


一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

自分的にはやっぱり小柳ルミ子なんだけど、皆様はどうなんでしょう。


瀬戸の朝5時放送は辛い。見たけど、いや、見たからこそ辛い。
仕方ないからテニス見てたけど、誰も

「どうした・・・顔が青いぞ」

とか言ってくれないし。
風林火陰山雷とまではいかなくても、
せめてスネイクぐらいはできるようになってから、
世界一とか名乗って欲しいもんですわね。



どうも、nineです。
どうでもいいけど、雷はまだいいとして、陰って・・・アレ、何だろう。



「これが封印せしもう一つの究極奥義『陰』……。
 一縷の隙も無くし、様々な行動パターンを匂わせる事で『才気』ではダブルスの時の
 ように読めない。」


だそうです。
相変わらずの読者も作者も理解できない変態技で、
焼肉で溜まった鬱憤を晴らすようなキ印っぷりが最高なのですが、
それでもちょっとこれには物申したい。


えー、究極奥義だそうです。

あー、封印してたそうです。

んー、一縷の隙も無くし、様々な行動パターンを匂わせるそうです。


一縷の隙も無くし、様々な行動パターンを匂わせる・・・。
どう考えてもフェイントにしか思えないんですが、
これは自分の想像力と読解力の欠如なのでしょうか。
他のスポーツとかでも、視線だったり手の動きだとかで、自分の攻撃を悟らせないように
したりしますけども、それと陰はどこか違うんでしょうか。
もう一つの究極奥義が「光速(誤字に非ず)移動+直角変化球」なんていう、
黄金聖闘士ガチで死合えそうな技で、
そりゃもう僕は大爆笑大興奮したっていうのに!
これで次回、手塚さんが

「聖球士に二度同じ技は通じない!」

とか言ってくれたら、本気で絶賛してあげたのに!
何かもうがっかりですよ。ああ、アンタにはがっかりだよ真田さん!
フェイントて! フェイントて!
しかもですよ? 「様々な行動パターンを匂わせる」ですよ?
何かこう・・・じたばたしてるんですかね?
・・・想像したら、まるでただの挙動不審者じゃないか!
何か遠足前にそわそわしてる子供みたいな姿しか思い浮かびませんよ!
無いのは隙じゃなくて、落ち着きなんじゃないのかと!(上手いこと言っちゃった!)
何故そんなものを封印してたのか。理解に苦しむぜ。




・・・あーっと、何の話をしてたんでしたっけ。
ついつい脱線してテニスについて語ってしまいましたが、
始めの話題は瀬戸の花嫁の朝5時放送でしたっけ。
まったくねえ、延長とかねえ、やっぱり止めて欲しいですよねえ。
スクランの時も思いましたけど、朝5時って。日曜29時からって。
翌日(つか当日)は平日ですよ? 月曜日なのですよ?
仕事とか学校がある人はどうするんですか。徹夜ですか。見逃したらDVD待ちですか!
まあ、自分は視聴後に当然のごとく寝ましたけど、
一般の方々にとって、とても見れたもんじゃあないのですよ!
・・・いや、一般の方は深夜アニメなぞ見やしないと思いますが(多分。一般人をあまり知らない)。
んー、スケジュールは守って欲しいやね。幾ら暇人の私でも、朝5時は辛いですわ。




何か纏まりがない(いつもですが)のは、途中まで書いたまま延々と放置してたからです。
ちくしょう、何書こうと思ってたのかすら忘れた!
何だかもやもやしますよね。思い出せそうで思い出せない感じですよね。
そんな、何だか収まりが悪いもやもやした気分を、
皆様にも味わっていただきたく、
これで締めてみたいと思います。横暴だ。
ではでは。












何書こうと思ってたんだっけなあ。
瀬戸の花嫁・・・瀬戸の花嫁ねえ・・・。
瀬戸はー日暮れてーゆうなーみこーなーみー。
ぐぐると、漫画とかアニメとかの方が上位にヒットするんですねー。
自分的にはこっちの方が思い付くんですが。
あなたのーしーまーへーおよめーにいーくーのー。



あ、漫画の方、後ろに行けば行くほどつまらな微妙になっていくのは
気のせいなんですかね?

でも、ピラミッド組は面白かった。ピラミッドて。マゲッツて。
nine * 日記的な戯言 * 01:36 * comments(0) * -

スポンサーサイト


スポンサードリンク * - * 01:36 * - * -

コメント

コメントする









このページの先頭へ